NEOツーバイフォー工法 | 株式会社岡山ウッドハウス


コンセプト

トップ > コンセプト > NEOツーバフォー工法

耐震・耐風等級は最高等級
ツーバイフォー工法を超える構造強化をスタンダードへ

 

基礎、躰体構造から瓦にいたるまで、耐震・耐風・耐火の面で優れた性能を有した
今までにない強固な造りのツーバイフォー工法。
加えて、日本特有の湿気対策・防虫防蟻対策、それに何より住まう人の健康
自然災害から命を守る安全対策がなされた工法。
それが、岡山ウッドハウスのNEOツーバイフォー工法です。 

当社では、すべての建物に標準工法としています。

一般的にツーバイフォーは地震に強い構造とされています。
当社のNEOツーバイフォーは、さらに1ランク上の安心をお届けできるように以下のような構造を標準としています。

① 一回の構造用床合板を通常の1.8倍の厚さ(通常15mm→当社28mm)に強化
② ツーバイフォー工法の要となる壁のスタッド(耐力壁を支える柱)を
  通常の2倍(通常1本→当社:すべてのスタッドを2本抱き)に強化

NEOツーバイフォー工法は、標準仕様で住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく住宅性能7項目において

最高等級レベルまたはそれ以上の構造になっています。

1. 耐震等級(倒壊等防止):最高3等級
2. 耐震等級(損害防止):最高3等級
3. 耐風等級:最高2等級
4. 劣化対策等級(構造躯体等):最高3等級

5. 維持管理対策等級(専用配管):最高3等級
6. ホルムアルデヒド対策(内装及び天井裏等):最高3等級
7. 感知警報装置設置等級(自住戸火災時):最高4等級









CUREO metis グランドオープン 自社開発した分譲地 TVCMはこちら 日本ツーバイフォー建築協会 ゼロエネZEH対応住宅 倉敷本社のFacebok 岡山支店のFacebook

>> プライバシーポリシー

【倉敷本社】〒710-0835 倉敷市四十瀬308-8 フリーダイヤル:0120-020127
 住宅部:086-421-5891(代) 建設部:086-421-5667 FAX:086-421-5893


【岡山支店】〒702-8031 岡山市南区福富西1丁目5番8号 フリーダイヤル:0120-305014
 住宅部:086-261-0014(代) 建設部:086-261-0027 FAX:086-261-0016

© 2016 Okayama Wood House inc.